腎臓病の方向けのレシピを分かりやすい動画で紹介しています!

副菜

れんこんの磯辺揚げ

れんこんを使った磯辺揚げです。
食べ応えのあるれんこんを活用することで、少量でも満足感が得られる一品です。揚げることによりさらにカロリーアップ!青のりの風味もきかせています。

【管理栄養士】高安 ちえ

栄養成分値(1人分)

カロリー
79kcal
たんぱく質
1.1g
食塩
0.3g
カリウム
101mg
リン
33mg

レシピ詳細

カテゴリ
副菜
ジャンル
和食
種別
--
調理時間
15分
管理栄養士
高安 ちえ

材料(1人分)

れんこん(1.5cm程度にカットする)
35g
[調味料A] 薄力粉
5g
[調味料A] こいくちしょうゆ
2g
[調味料A] あおのり
0.1g
[調味料A] 水
5g
調合油(揚げ油)
適量

食材選びPOINT

食べごたえのある野菜を取り入れよう!

腎臓病食はたんぱく質を控えるため、おかずのボリュームが少なくなりがちですが、歯応えのある野菜を一緒に使えば、満足感を得やすくなるのでオススメです。

作り方

  • れんこんを熱湯で5分程度茹で、水切りする。

    調理法POINTカリウムを控えよう!

    野菜はカリウムを多く含んでいます腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます!また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

  • ボウルで薄力粉、こいくちしょうゆ、あおのり、水を混ぜ合わせて衣をつくる。

  • 1を2の衣であえる。

  • 油を170℃に熱し、3を揚げる。

    調理法POINTカロリーを高めよう!

    腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本。揚げ物にすることで簡単にカロリーを取ることができるので、オススメの調理法です。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

  • 食べごたえのある野菜を取り入れよう

    歯ごたえのある野菜を使えば、ボリュームが少ない料理でも満足感が得られます。

  • カリウムは控えましょう

    野菜は切ってから、茹でるべし!

  • カロリーを上げる工夫を!

    揚げ物料理にすることで不足しがちなカロリーを補えます。

旬の食材

れんこん

れんこん

旬の時期 123456789101112

レンコンには、ビタミンCやカルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。 中でも、れんこんに含まれているビタミンCの量は、レモン汁に匹敵するほど!ビタミンCには、免疫力を高める作用やシミやそばかすを予防する働きがあります。 また、れんこんを切った時に出る糸に含まれるムチンという成分には、体内の粘膜を保護し消化を助けてくれる作用があります。腎臓病食は揚げ物が多いので、「胃腸が弱っている」と感じた時は是非取り入れてみて下さいね。